トマト・ミニトマト 栽培方法と育て方のコツ

画像 赤いトマト

お家でトマト・ミニトマトの栽培をしたい人に向けて
栽培方法や育て方のコツを紹介します。

この記事でわかること

  • 栽培の特徴
  • 栽培の時期
  • 栽培の手順
  • 育て方のコツ
  • 発生しやすい病害虫
  • 病害虫の対策方法

トマト栽培の特徴

和名トマト
原産地中南米
分類ナス科トマト属
発芽地温20~30℃
生育適温20~30℃

原産国に似た環境を好みます。
つまり乾燥・多日照・昼夜の温度差がある気候を好みます。

乾燥気味に育てるのが、おいしいトマトを育てるコツです。
高畝・雨除けなどの工夫が効果的です。

強い光が必要で、光が不足すると
ひょろひょろに育ち、花数が少なく、収穫量も減ってしまいます。
日当たりのいい場所で栽培しましょう。

丈夫で育てやすいミニトマトから、プロの農家でも「難しい」とうなる、大玉トマト。
種類や大きさで育てやすさが異なります。

始めは丈夫で育てやすいミニトマトがおすすめです

トマト栽培の時期

  • 3月中頃  種まき
  • 5月上旬  植え付け
  • 7月~10月初旬  まで収穫

トマトの栽培方法

種まき

1,ポットに3粒まく
2,間引いて1本にする
  • 9cmぐらいのポットに、3粒まく。
  • 発芽後に間引いて1本にする
  • ビニール温室で育苗

発芽に必要な温度が高いため、ポットに種をまき
温室を活用して発芽させるのが一般的です。

家庭で育てる場合は、苗もたくさん必要ないので
種から育てるよりも、苗を購入するほうがおすすめです。

畑などで何十株も必要なら、種から挑戦してみるほうが
安く済みます。

植え付け

1番花が咲き始めたころが定植の時期です。
株間は50cmぐらいあけましょう。

花房を畝の外側に向けて植えると収穫作業がしやすくなります。
(後から出てくる花房も同じ向きを向いて咲きます。)

連作障害を避けるため、
同じ場所での栽培間隔は3~4年あけるようにしましょう。

コンパニオンプランツ

reo

一緒に植えることでいいことがある植物のことを、
「コンパニオンプランツ」って呼ぶよ。

コンパニオンプランツ効果
ニラ根っこが絡み合うように混植することで、萎凋病(いちょうびょう)などを防ぐ
ラッカセイリン酸などの養分の吸収をよくする

土づくり

pH6.0~6.5の土壌を好みます。

根が深くまで伸びるので、深く耕しておきましょう。
また、過湿を嫌います。

水はけの悪い場所では、高畝にするといいでしょう。

肥料

栽培期間中に肥料切れをしないように、気を付けましょう。
しかし、生育初期に肥料が多いと「つるボケ」になりやすいので、
注意が必要です。

reo

元肥は少なくてOK、追肥を行うことで補うイメージです。

N(窒素)P(リン酸)K(カリ)のバランスが大切です。

仕立て

主茎は20~30cm間隔で8の字になるようにして
支柱に結びます。(誘引といいます。)

1本仕立て

トマト栽培の基本形。
大型トマトからミニトマトまでどんなトマトにもおすすめ。

2本仕立て

1本仕立ての2倍の収穫が狙える!
第1花房の下から伸びる脇芽を伸ばす方法です。

1本仕立てより多少の収穫期の遅れが出るが、
茂りすぎるのを防ぐ効果もあり、ミニトマトなどにはおすすめ。

追肥

reo

トマトの様子を見て、肥料をあげるか判断しよう。

開花後に実をつけ始めたら追肥しましょう。
葉っぱの真下あたりにパラパラとまきましょう。

茎が太くて葉の色が濃い、葉が内側に丸まっている
そんな状態のときは、養分過多のサインです。

追肥は控えて様子を見ましょう。

わき芽かき・摘芯・摘果

生長に合わせて、わき芽下記、摘芯、滴果します。

わき芽かき

ハサミで芽かきや摘芯を行うと、
ウィルス病を伝染させてしまうことがあるので、手で行ったほうがいいです。

1週間に1度は、わき芽の確認をして
行うといいでしょう、若い芽なら簡単に摘み取れます。

摘芯

主茎が支柱の頂上に達したら摘芯をしましょう。
大体4~6段目の花房ができたら目安です。

一番上の花房から、上に出ている葉を2~3枚残して行います。
こうすることで栄養が十分いきわたる状態を保てます。

第1花房より下の葉は役目を終えているのですべて取り除きましょう。
こうすることで風通し・日当たりがよくなり、病気予防につながります。

摘果

ミニトマトでは必要ありませんが、
大玉トマトの場合は、1房に4~5個になるように摘果します。

収穫

開花後55~60日が収穫の目安になります。

ミニトマトは、収穫が遅れると
実が割れてしまったり、落ちてしまう原因になります。

収穫適期の合図は、「ガクが反り返ったら収穫」って
覚えておくといいですよ。

トマトは昼間に作った栄養分を
夜に実に蓄えるので、朝の収穫がベストタイミングです。

生育不良・生理障害

尻腐れ病

空洞果

割果・裂果

筋腐れ果

グリーンバック

発生しやすい病害虫

病気

青枯病(あおがれびょう)

疫病(えきびょう)

黄化葉巻病

うどんこ病

かいよう病

モザイク病

害虫

オオタバコガ

カメムシ

コナジラミ

ハモグリバエ

アブラムシ

ハスモンヨトウ