最近よく聞くSDGsってどんなもの?

「SDGs」最近新聞や本などで見かけるようになりました。
今回は、「SDGs」がどんなものなの
簡単にご紹介します。

今回の記事では
「SDGsは、世界共通の目標で、17の目標がある」という
すごくシンプルな紹介の記事です。

「SDGs」について、詳しく知りたい方は
国際連合広報センターをご覧いただくと、理解が深まると思います。

SDGsとは

SDGsってなに?

2016年から2030年までに目指す目標のこと。

日本だけではなく
世界中で共通の目標とされている
国際目標なんです。

つまり

「世界中のみんなで、
未来のためにこの目標を頑張ろうよ。」と
2015年に国連サミットで定められた目標です。

SDGsは、何を目指しているの?

「このまま、人口増加、環境汚染、資源消費などを続けていくと100年以内に地球上の成長は限界に達する」

そうした研究結果を受けて、
「みんなで協力して、持続可能な開発を目指そう」
ということで作られたのがSDGsです。

日本では、あまり感じないかも知れませんが
世界を見渡すと「貧困」「気候変動」「差別」など
いろんな問題があります。

こうした地球規模の問題を解決するために、
「誰ひとり取り残さない」と言う共通理念のもと
17の目標を設定しています。

また
17の目標を達成するために、
169のターゲット(解決が必要な具体的課題)を設定しています。

目指すべきは、
「将来の世代のニーズに応える能力を損なうことなく
現代のニーズも満足させるような開発」ということです。

SDGsのポイント

3要素の調和 持続可能な開発には必須

  • 環境保護・・・環境を守っていくこと
  • 経済開発・・・経済活動を通じて富や価値を生み出していくこと
  • 社会的包摂・・・社会的に弱い立場の人も含めて、1人1人の人権を尊重する事

今だけではなく、子どもや孫の世代のことまでを考えた開発を目指すSDGsでは
この3要素の調和が求められます。

環境や人権を軽視した開発を続けた未来を想像してみてください。

利益ばかりを追求して、
環境や人権を軽視した開発を突き進むとしましょう。

環境破壊を続ければ地球は立ちいかなくなり
貧困問題を放置すれば、
貧富の差は拡大し、持続的な経済成長は妨げられてしまいます。

SDGs「持続可能な開発」では、
3つの要素のどれかに注力すれば良いのではなく
いかに3つを並び立たせるかが大切になります。

17の目標 世界が一丸となって目指す目標

2030年までに達成を目指す17の目標

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくり
  12. 作る責任使う責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

*各目標については順次記事を製作しリンク予定です。しばらくお待ちください。

まとめ

今回の記事は、「SDGs」の簡単な紹介でした。
一言でまとめると、「SDGsとは、世界共通の17の目標」です。

なかなか、規模の大きなお話ですよね。

SDGsの目標は「誰かが何とかしてくれる」っといった
他人事では済まされないと感じています。

ぼくたちの生活にも大きな影響を与えている
そう感じているからです。

沢山ある規模の大きな話で、
実感がわかない部分もあるかと思いますが。

17の目標の中から、
自分の興味がある目標をきっかけに、
少しず知っていくことが「SDGs」に参加する第一歩だと思います。