サツマイモ 栽培方法と育て方のコツ

サツマイモを育ててみたい方に向けて、
サツマイモ栽培方法や育て方のコツを解説します。

サツマイモの特徴

和名サツマイモ
原産地南アメリカ大陸、ペルー熱帯地方
分類ヒルガオ科サツマイモ属
発芽適温ーーー
生育適温20~35℃

乾燥には強く、土壌を選ば ずによく生育しますが、
滞水、冠水害には弱い ので畝(うね)を高くするなどの工夫が必要です。

サツマイモは、幅広い栄養素が含まれており
健康や美容に関する効果や、免疫物質を作る作用、腸の働きを助ける機能があります。

reo

体の中からきれいを作る、最高の野菜だね。

サツマイモの栄養素の多くは皮の近くに含まれています。
そのため、皮ごと食べることがおすすめです。

収穫から時間がたって、追熟することで、うまみがアップするので
長期保存もできる便利な野菜です。

サツマイモの栽培期間

5月の中旬ごろ苗を植え付けます。
10月ごろには収穫を始めることができます。

品種や地域によって差がありますので、あくまで参考程度にしてください。

サツマイモの栽培方法

畑の準備

水はけがよく、やせた土地を好みます。
肥料分が多い豊かな土地では、つるばかり伸びて芋の部分が育ちにく症状を起こします。
これを「つるボケ」と呼びます。

水の被害に弱いので、排水に気を付けましょう。
高さ20~30cmぐらいの高畝を作ることで対策となります。

栽培期間が長期にわたるので、マルチなど使用して、雑草対策をすることをおすすめします。

マルチは必須ではないですが、除草の手間が省けたり、
除草時に芋を痛めてしまう心配がなくなります。

苗の準備

良い苗の基準は、茎が太くて、節間が間のびしておらず、葉色が濃くて厚みのあるもの。また、節数が4〜5あり、長さが15〜20cmくらいのものを選びます。

種芋を使う方法もありますが、4月ごろにホームセンターなどで苗を入手できます。
芽出しなどの作業が必要ないので、家庭菜園では購入してくることをおすすめします。

苗の選び方

  • 茎が太く、長さ15~20cmぐらい
  • 節間が間延びしていない
  • 葉が色濃く、厚みがある

植え付け

株間30cmでマルチに穴を開け、深さ10cmくらいの楕円形の植え穴を掘ります。
植え穴の底に寝かせるように苗を置いたら、土をかけて鎮圧します。この時、塊根の基となる不定根が良く出るよう、3〜4節が土に埋まるように植え付けるのがポイント。

株間30cmぐらいで植え付けます。
この時3~4節が土に埋まるように植えましょう。
そうすることで、芋のもとになる不定根がよく出ます。

斜め植え

芋の数が増えるが、全体的に細長くなる。

垂直植え

芋の数は少なく、短く丸みを持った形になる。
栄養分のいきわたりがスムーズになるため、甘みが凝縮された芋になる。

追肥

肥料は最小限、または施す必要がありません。
土の窒素分が多いと「つるボケ」を起こしやすいので、基本的には追肥は行いません。

その分、元肥で補います。
堆きゅう肥を土作りの段階で施しましょう。

つる返し

伸びたつるを持ち上げて、ひっくり返して
葉の上に載せます。(畝の上ぐらいのイメージ)

つるが伸びると、伸びた先で葉の付け根から、根っこを出します。
この根っこにも養分が蓄えられてしまい、本来イモに貯めたい栄養が分散してしまいます。

これを防ぐために、つるが伸びたら定期的にひっくり返してあげましょう。

収穫

収穫予定日の1週間前に、地上部のつるを刈り取っておきます。
こうすることで、イモにデンプンが蓄えられて甘くなります。

収穫作業は晴れた日の午前中に行い、
掘ったイモは畑で午後いっぱい乾かしてから保存しましょう。

霜に当たってしまうと、保存がきかなくなってしまうので
霜の降りる前に収穫を済ませるといいでしょう。

収穫直後はあまり甘さはありません。
収穫後1週間程度保存すると、デンプンが糖に変わり
甘みを感じられるようになります。

新聞紙にくるんで段ボールで保管するといいでしょう。

保存のポイント

保存は、10~14℃がベスト。

9℃以下の低温では腐りやすくなります。
15℃以上になると芽を出そうとします。

イモは呼吸をしていますので、保存時に密閉してしまうと
腐りやすくなります。

コンパニオンプランツ

アカジソアカビロウドコガネを防ぐ。
養分を吸収してつるボケを防ぐ。

主な病気

立ち枯れ病

つる割れ病

黒斑病

斑紋モザイク病

かいよう病

主な害虫

サツマイモネコブセンチュウ

コガネムシ( アカビロウドコガネ )

ハリガネムシ

アブラムシ

イモキバガ