lightroomを使い始める前に知っておきたい「カタログ」について

Adobeのlightroomの扱いは、初心者の方でも簡単です。
そして、魅力的なのは写真の管理のしやすさにあります。

しかし、曖昧な理解のまま使用をしていくと、写真が増えるにしたがって
写真の管理が複雑になり、せっかくの魅力を生かしきれません。

lightroomを初めて使う人や使用を検討している方に向けて、
最初な段階で知っておくべき「カタログ」について紹介します。

この記事でわかること

  • lightroomの特徴
  • lightroomの「カタログ」について

lightroomの特徴

写真現像ソフトはlightroom以外にも多く存在します。
ほかの現像ソフトと比べて編集機能が優れているというよりも、大量のデータでも容易に管理することができるのが
lightroomの大きな特徴になります。

一般的な編集ソフトが、画像データを直接開いて、編集を行うのに対し、
lightroomでは、写真や編集データをまとめた「カタログ」というファイルを作成して、
編集を行ってい行きます。ここが大きな特徴です。

カタログとは

「カタログ」とは、lightroom独自の
各写真のあらゆる情報を含んだデータベースのことです。

カタログに保存されて情報

  • カメラの設定
  • 写真ファイルの保存場所
  • 現像時に手を加えた情報

撮影時の「シャッタースピード」「ISO感度」「絞り」などの情報や
lightroomで現像する際に手を加えた情報などあらゆる情報をまとめます。

ポイント

写真の保存場所は情報として記録されますが、写真そのものが含まれるわけではありません。
そのため、ファイルサイズが小さく済みます。

lightroomでは、様々な情報をデータベース化した「カタログ」を作成して
その中の情報を読み込んで、写真の管理や編集を行います。

ここを抑えよう

写真データとは別に、カタログのファイル群が生成されます。

lightroomでは、作業中にそのカタログを読み込んで、編集を行っていきます。
直接元の写真データに手を加えることはありません。

カタログによって得られるメリット

メリット

  • パソコンを軽くできる
  • 用途に使い分けて管理できる

カタログについて理解して使うことで得られメリットを2つあげました。
写真ファイルが増えてくると、このメリットのありがたさを痛感します。

PCを軽くできる

lightroomは、カタログを読み込んで作業します。
カタログのファイルサイズは、写真ファイルに比べて小さいです。

パソコンの容量を大量に消費する写真データは外付けHDDなどに保存し
パソコン内には、カタログファイルを置いておくことで、パソコンを軽くすることができます。

カタログファイルは、後からでも移動などが簡単にできます。
ファイルサイズもそれほど大きくならないので、僕はパソコン内に保存しています。

写真ファイルは、外付けHDD保存しています。

用途を使い分けて管理できる

カタログは複数作成できます。

管理する写真が少ないうちは、カタログを分けなくても問題ありませんが、
1つのカタログに乱雑に写真が保存されていると、
せっかくのlightroomの、強みが生かしきれません。

適度にカタログ分けをして管理することがおすすめです。

・年度ごとに分ける
・仕事とプライベートで分ける
・業務のプロジェクトごとに分ける

上記のようにカタログを分けるのと便利です。

reo

僕は「業務」「プライベート」「作品」と3つのカタログに分けているよ。

まとめ

lightroomは写真の管理のしやすさが魅力!
そして、魅力を引き出すにはカタログの理解が必須!

ポイント

「カタログファイル」と「写真ファイル」をどこに保存するかがポイント。

  • カタログファイル → ファイルサイズ小
  • 写真ファイル → ファイルサイズ大

2つのファイルは同じ場所になくてOK!
ファイルサイズの大きい写真ファイルは外部に逃がしてあげよう!

lightroomでは、カタログファイルを読み込んで作業するので、
読み込みが遅いと操作性に影響します。

そのため、パソコン内に保存するか、外付けSSDへの保存がおすすめ。

撮影するたびに増える写真ファイルは、
パソコン動作に影響せず、増設できる外付けHDDに保存するのがおすすめ。