「lightroom classic」と「lightroom CC」の違いについて

写真の編集ソフトを探しているとまず必ず出会うのが、
「Adobe」のLightroomではないでしょうか?

でも、Lightroomには「Lightroom Classic」「Lightroom CC」の2つがあります。
名前もアイコンもそっくりですが、写真の保存先や使用できるデバイスなど
違いがあります。

どちらを使うべきか迷った経験があったので、まとめておきます。

結論

使用用途によって使い分けよう。

RAWデータを大量に使用する→lightroom classic
直感的にサクッと編集したい、複数デバイスを活用したい→lightroom

違いを知らずに選んだ結果

カメラを初めて、RAW現像ソフトの使用を考えたとき
真っ先に出会ったのが、Adobeの「lightroom」でした。

少し調べてみると、「lightroom」には、
「lightroom classic」と「lightroom CC」があるようです。

なんとなく「lightroom classic」っという名前から
古いものだと思い込み「lightroom CC」の方を愛用していました。

いま思うと、なんとも浅い考えでした(笑)

実際にプロとして活躍されているカメラマンの方々は皆さん
「lightroom classic」を使用していました。

では、具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

lightroom classic とlightroomの違い

lightroom classiclightroom
使用デバイスパソコンパソコン・スマホ・タブレット
データ保存先パソコン内・HDDなどクラウド
機能性多機能シンプル

上記のような違いがあります。
データの保存先や機能面の違いが大きいです。自分が使いたいスタイルを選ぶことが重要になってきます。

使えるデバイスの違い

lightro classic

パソコンでのみ操作が可能。

lightroom

パソコンでに使用はもちろん、スマホやタブレットなど好きなデバイスが使用可能。

使えるデバイスが異なります。
lightroomclassicでは、パソコンにソフトをインストールして使用します。
このため、インストールしたパソコンでしか操作をすることができません。

lightroomでは、パソコンにインストールして使うことができるほか
スマホやタブレットでも操作できるようにアプリが存在します。
そのため、複数の端末で扱えることができます。

外出先や移動中にサクッと操作できるのは魅力ですね。
この点では、lightroomの方が魅力的に感じます。

データの保存先の違い

lightro classic

パソコン内や、接続した外部HDD(ハードディスク)などに保存。(ローカル環境)

lightro

クラウドにのみ保存。

lightroom classicは、パソコン内やHDD(ハードディスク)にデータを保存します。
いわゆるローカル環境に保存するスタイルです。

一方、lightroomでは、ローカル環境への保存はできません。
すべてクラウドに保存する形となります。

つまりすべてのデータを、ネット上のサーバーに保存することになります。
場所を選ばずに、様々なデバイスで扱えるメリットは、このためですね。

lightroom classicのメリットは、HDDなどを追加すれば無限に保存できること。
容量の制限がないことは、沢山写真を扱う身としてはメリットが大きいです。
デメリットは、保存したパソコンやHDDがなければ操作ができないことでしょう。

lightroomのメリットは、ネット環境さえあれば、場所もデバイスも選らばないで扱えることです。
もちろんHDDなどを持ち歩く必要もありません。
デメリットは、ネット環境が必須なこと、クラウドの容量に制限があることです。

ちなみに1TBを超える容量を保存する場合は、課金することで10TBまで拡張することができます。

機能の違い

lightro classic

非常に多機能。ほとんどの用途をこなせる。
操作に慣れが必要になる。

lightro

直感的な操作が可能でが、lightroom classicっと比べると、できることに制限がある。

lightroom classicは非常に多機能であらゆる現像用途に対応しています。
使いこなすにはそれなりの慣れが必要になります。

lightroomでは、スマホユーザーなら直感的に操作できるような設計になっています。

機能的にはlightroom classicの方が様々な用途に対応していますが、
年々アップデートされることでlightroomでも遜色なく現像が行えるようになってきました。

結局どっちがおすすめなのか

具体的には下記のように、おすすめします。
自分の扱いやすさや、編集スタイルによって選択するソフトが大きく変わります。

lightro class

  • RAWでたくさん撮影する方
  • 撮影頻度が高く、沢山のデータを保存する方
  • 自宅やオフィスなど決まった場所で、じっくり編集したい方

lightro

  • 初めてRAW現像する、初心者の方
  • RAWでの撮影ひんどの低い方
  • 場所を問わず編集したい方

僕の場合は、基本はlightroomclassicでの操作を中心にしています。
業務での使用やプライベートな使用などで扱うデータの量が多くなり、クラウドのみだと出費が大きくなってしまい限界を感じたためです。

とはいえ、lightroomのどこからでも編集できる魅力も大きいので
場面に合わせて使い分けをしています。