環境活動

no image

2021/7/27

青枯病(あおがれびょう)

よく晴れた日の日中に、しおれる状態から始まる青枯病。 葉の緑いろはそのままに、晴天の日などになぜか元気がなくなる症状がみられます。 早朝や夕方になると元気を取り戻すように見えますが日中はしおれる。 そんな状態を繰り返すうちについには枯死してしまう病気です。 青みを残したまま枯れることから「青枯病」と呼ばれています。 青枯れ病の原因は何? 土の中の細菌が原因の土壌障害です。根の傷から侵入することで発症します。 菌の活性化する温度が25~30度のため、感染した株は日中の気温が上がると元気がなくなります。早朝や ...

ReadMore

2021/7/27

トマト・ミニトマト 栽培方法と育て方のコツ

画像 赤いトマト お家でトマト・ミニトマトの栽培をしたい人に向けて栽培方法や育て方のコツを紹介します。 トマト栽培の特徴 和名 トマト 原産地 中南米 分類 ナス科トマト属 発芽地温 20~30℃ 生育適温 20~30℃ 原産国に似た環境を好みます。つまり乾燥・多日照・昼夜の温度差がある気候を好みます。 乾燥気味に育てるのが、おいしいトマトを育てるコツです。高畝・雨除けなどの工夫が効果的です。 強い光が必要で、光が不足するとひょろひょろに育ち、花数が少なく、収穫量も減ってしまいます。日当たりのいい場所で栽 ...

ReadMore

絵本の写真

2021/7/20

絵本紹介『やさいのおなか』

リンク この絵本について 野菜に”おなか”ってあるの?思わず手に取ってしまうこのタイトル。読み進めると、なるほど。”やさいのおなか”って面白い! 作:きうちかつ出版社:福音館書店発行年:1997年対象年齢:2~4歳 あらすじ 『これ なあに』という言葉と共に描かれた白黒の不思議な模様。お花かな?何かの足跡?うーん、どこかで見たことある気が…。ページをめくると白黒の模様に色が付き、野菜の名前が書いてあります。お花みたいな模様はピーマン!角みたいな模様はタケノコ! そう、実はやさいのおなか=野菜の断面。身の回 ...

ReadMore

2021/7/20

絵本紹介『かん かん かん』

リンク この絵本について 文:のむら さやか制作:川本 幸写真:塩田 正幸出版社:福音館書店発行年:2010年対象年齢:0歳~ あらすじ 「かんかんかん」遮断機が鳴ると、不思議な列車が次々とやってきます。食べ物の列車、自動車の列車、猫の列車も!川本幸さんが制作したキャラクターたちはどこか奇妙で温かみがあって面白くて、目が離せません。「次はどんな列車が来るんだろう?」と、「かんかんかん」の音が鳴り響くたびにワクワクする一冊です。 読み聞かせ 登場する列車たちはどれも実在しない列車ばかりですが、初見でも不思議 ...

ReadMore

絵本の写真

2021/7/20

絵本紹介『くらい くらい』

リンク この絵本について 作:はせがわ せつこ絵:やぎゅう げんいちろう出版社:福音館書店発行年:2006年対象年齢:0歳~ あらすじ くらーい部屋に真っ黒な動物の影。色んな形・場所にあるスイッチ。「まっくらくらくら くらーいくらい」「でんきをつけてちょうだい」すると、動物が電気のスイッチを入れます。 ページをめくると…「ついた!」電気がついた明るいページににこにこ顔の動物が♪ 子どもの好きな「スイッチ」「動物」の組み合わせで引き付けられる絵本です。 読み聞かせ 電気をつける前は真っ暗な部屋、電気をつける ...

ReadMore

環境活動シリーズについて

れおの部屋では、環境イベント団体としての活動を行っています。

環境問題が話題になることも増えましたが、
私たちの生活からはかけ離れた問題のように感じることがあります。

環境問題については、さまざまな意見や考えが存在しますが、
まずは「知ること」「身近なこと」から始めよう!

っということで、ひっそりと活動をしています。