【カメラの三大要素】ISO感度について

日中はサクサク撮影できていたのに、
暗くなると急にシャッタースピードが遅くなる。

撮影した写真がなんだかザラザラした感じになってしまった。

こんな時はISO感度に注目してみる必要があります。

今回は、夜景撮影などの暗い場所での撮影時に活用したい「ISO感度」について紹介していきます。

ISO感度とは

「光を感知できる度合のこと」

「ISO100」とか「ISO6400」なんて感じで表記されます。
数値が大きいほうが、光の感度が高いことを意味します。

オートモードで撮影するとき、光の少ない環境では、
光をたくさん取り込もうと「シャッタースピード」が遅くなります。

それにより、手振れが発生しやすくなります。

これを防ぐために、「ISO感度」が活躍します。
「シャッタースピード」を遅くする代わりに、
光への感度を高めることで、同じ「シャッタースピード」でも、
明るい写真を撮ることができます。

メリット

暗い場所での撮影でも手振れを防げる。

カメラの光に対する感度を調節できるため、
高原が足りないけど、「シャッタースピード」を遅くしたくない場合に有効。

デメリット

画像が劣化する。

ISO感度を上げるほど、画像にザラザラしたノイズが発生します。
現像ソフト(lightroomなど)を使ってある程度改善することができますが、
限界があるため、極端なノイズは発生しないようにしたいです。

カメラの機種ごとにノイズの出方が変わる
一概に「ISOいくつまでは大丈夫」とは言えないので、
自分のカメラがどこまでISO感度を上げるとノイズが乗るのか試してみてください。

役割

明るさが変わる

上記は三大要素のうち「シャッタースピード」「絞り」を固定にして
「ISO感度」を変えた写真です。

「シャッタースピード」が固定されていることで、光を取り込む時間の長さが一定
「絞り」が固定されていることで、光の入り口の大きさが一定になっています。

この状況で、「ISO感度」光の感度のみを高くすると
写真が明るくなっていくことが確認できます。

目安

100~6400ぐらいが基本といわれています。
最近では、「キャノン EOS R6」など、好感度に強い機種も増えてきています。

お使いのカメラの機種によって、差が大きいので是非1度
どのぐらいまで「ISO感度」を上げるとノイズが乗るのか試してみてください。

撮影現場の光源の強さや、三脚の使用の有無など
状況により判断が必要になってきます。

まとめ

ポイント

「ISO感度」は光の感度を示す。カメラの三大要素の1つ。
ほかの条件が一定なら、「ISO感度」を上げることで写真を明るくできる。

暗い環境で、「シャッタースピード」を下げたくないときには
「ISO感度」を高めてみよう。

写真の用途や、撮影の環境によって設定を調整する必要がある。

プライベートな写真や、SNSなどに使用する写真なら多少ノイズが入っていても気にならない。(ノイズの許容)
商品用の写真や、大きく印刷する写真では極力ノイズは避けたい。(画質重視)

撮影時にしっかりと光源を確保できる状況や
三脚を使用する場合には、「ISO感度」を上げる必要はない。