【カメラの三大要素】絞り(F値)の基本について

絞りとは何か

「光を取り込む穴の大きさを調整すること。」

写真は、シャッターが開いている間に、
取り込んだ光をセンサーに写すことで作られます。

この時、光を取り込む穴のサイズを調整するのが
絞り(F値)になります。

”F1.4”や”F22”など、数字にFをつけて表記されます。
数字が小さいほど穴が大きく、数字が大きいほど穴が小さくなる。

役割

明るさの調節

F値は光を取り込む穴の大きさを調節するので、
写真の明るさに違いが出てきます。

三大要素のほかの要素(「ISO感度」「シャッタースピード」)が同じ場合、
絞り(F値)による、写真の明るさが違うのが確認できます。

穴が大きければ、光がたくさん入るので明るくなります。(F1.4など)
反対に、穴が小さければ入ってくる光の量が減るため、暗くなります。(F22など)

被写界深度(ボケ具合)

被写体深度とは、
「どのぐらいの範囲にピントを合わせるか。」ということ。
被写体の背景をどのぐらいボケさせるのか調節できる。

ボケが大きい写真から、ボケの小さい写真まで
F値を変えることで違いが出ることを確認できます。

ボケが大きい=被写界深度が浅い
ボケが小さい=被写界深度が深い

注意
F値を小さくしても必ずボケるわけではなく(距離、レンズ、背景)など
様々な要素によって変わってきます。

画像

この写真はF○○で撮影しましたが
被写体と背景の距離が近いためボケ感の表現は感じられません。

絞りの目安

「環境や状況に合わせて設定する必要がある、いろいろ試して調整しよう」

ボケ感を表現したい写真や、
光をたくさん取り込みたい環境では、F値は小さめにしたいところです。

しかし、

景色を含めて広く映したいときに、極端に小さいF値だと
被写体がボケてしまう失敗にもつながるので注意が必要。

まとめ

「絞り(F値)」は、写真の明るさと被写界深度(ボケ具合)に影響します。

背景をボカした、ふんわりした印象の写真や
被写体を引き立てた表現をすることができる。

また、室内撮影など光の少ない環境では
明るめの(F値の小さい)レンズを使用して光をたくさん取り込みたい。