【カメラの三大要素】シャッタースピード基本について

シャッタースピードとは

一言でいうと、光を取り込んでいる時間のこと。

カメラは、シャッターボタンを押した時に、
センサーに光が当たり、写真として残ります。

センサーの前のシャッターが、開いて閉じるまでの間に
写っているものが、写真になるわけです。

この時のシャッターが開いている時間を調節するのが「シャッタースピード」になります。

シャッタースピードの役割

写真を撮るには「3つの要素」が重要になってきます。
この3大要素によって写真の表現が大きく変わります。

写真の三大要素

  • ISO感度・・・光の感度
  • 絞り(F値)・・・光を取り込む量
  • シャッタースピード・・・光を取り込んでいる時間

このうち、「シャッタースピード」の役割は以下の通りです。

明るさの調節

写真をスライドして見比べてみてください。
三大要素の「ISO感度」「絞り(F値)」を固定して、
「シャッタースピード」を変えたものです。

明るさが違うことが感じられます。

「シャッタースピード」は、光を取り込む時間のことを指します。

光を取り込むシャッターを長く開けていれば光は多く入ります。
そのため、写真は明るくなります。

反対に、光を取り込む時間が長ければ、写真は暗くなります。

動きの表現

写真をスライドして見比べてみてください。
三大要素の「ISO感度」「絞り(F値)」を固定して、
「シャッタースピード」を変えたものです。

カメラは、シャッターが開いている間に
写ったものを写真として残します。

つまり、開いている間に動いてしまうと
上記のようにブレた写真になります。

これを「被写体ブレ」といいます。
花火や、水流など動きを出したい写真の場合は
あえて「シャッタースピード」を遅くして表現することがあります。

反対に、子どもや電車などを
っピタっととらえた写真にするには早い「シャッタースピード」が必要になります。

シャッタースピードの目安

シャッタースピードは、「1”」「1/60」「1/1000」のように表します。
分母の数が大きいほど、早いシャッタースピードになり、
よりブレの少ない写真を撮ることができるようになる。

まとめ

「シャッタースピード」は写真のブレと明るさに影響します。

「シャッタースピード」を早くすることで、ブレのない写真を撮ることができる。
動き回る子どもや、動物、電車などをピッタっと止めて移したいときには向いてる。

反対にあえて「シャッタースピード」を遅くすることで
流れや動きを表現することもできる。