〖初心者向け〗ここを見て決めよう、一眼レフカメラで使うSDカードの選び方!

カメラの必須アイテム「SDカード」について
学んだことをまとめます。

始めたカメラを買った時、自宅にあった「SDカード」を適当に使用していたら
様々な不具合がありました。

ちゃんとカメラにあった「SDカード」を買おうと調べました。

意外と「SDカード」って奥が深いんだな

今回の内容

SDカードって何を選べばいいの?

あもん

初めてSDカードを買う時に悩む方も多いと思います。

値段も1,000~10,000円前後と幅が広いし、
なんか難しそうな表記がたくさんあって苦手・・・

そんな方に向けて、わかりやすく解説します。

できるようになること

自分に合ったSDカードを選べるようになる。

カメラのメモリーカードは「SDカード」だけじゃない!

実は、カメラに使用するメモリーカードは、「SDカード」だけじゃないんです。
お使いのカメラによりますが、下記の3種類のメモリーカードがあります。

今回は「SDカード」に絞った内容になりますが、
知識として紹介しておきます。

SDカード

カメラの基本的メモリーカード。

ポイント

  • 速度 遅い~早い
  • 値段 安い~高い

性能・値段の幅が広く、選ぶのが難しいと感じる。

XQDカード

一部のカメラのみ対応、使えるかどうかはカメラの説明書を確認してください。

ポイント

  • 速度 早い
  • 値段 高い

基本的に何を選んでも高性能、しかし、値段も高い。

CFExpressカード

一部のカメラのみ対応、使えるかどうかはカメラの説明書を確認してください。

ポイント

  • 速度 早い
  • 値段 高い

基本的に何を選んでも高性能、しかし、値段も高い。

一言コメント

金銭的に余裕があれば「XQDカード」「CFExpressカード」など高性能なカードが欲しくなる。

しかし、数万円と高価なものになるので、お財布と相談しましょう。

これだけは押さえておきたい、SDカードの選び方

「SDカード」を選ぶ際に確認すべきポイントは2つです。

見るポイント

  • カードの容量
  • カードのスピード

カードの表面に書かれた、記号や数字・英語がこれらを示しています。
表記の意味が分かれば、SDカード選びで迷うことはなくなります。

順番に見ていきましょう。

1,SDカードの容量に注目

「SDカード」には容量によって、3つの種類があります。
カメラによっては、対応していない場合もあります。

使うカメラが、どの程度の容量のSDカードに
対応しているのか確認する必要があります。

ポイント

  • SDカード・・・2GB以下
  • SDHCカード・・・4~32GB以下
  • SDXCカード・・・64GB以上

最近のカメラは、「SDXCカード」に対応しているものが多いです。

一言コメント

「SDXCカード」は動画を撮ったりする方には必要かと思います。

しかし、写真用途だけであれば「SDHCカード」だけでも十分な気がしています。
ここも値段の差があるので財布と相談ですね。

2,SDカードの速度に注目

アクセス速度

カメラの連写機能を使ったり、PCへの転送速度に影響します。
数字が大きいほどデータの速度が早いです。

連写を使うなら、「書き込み速度」が重要。
データ転送には、「読み込み速度」が重要。

SanDiskの場合、見た目でクラス分けされているよ。

Extreme PRO

  • 書き込み速度・・・最大260MB/秒
  • 読み込み速度・・・最大300MB/秒

Extreme

  • 書き込み速度・・・最大60MB/秒
  • 読み込み速度・・・最大90MB/秒

Ultra PLUS

  • 読み込み速度・・・最大80MB/秒

スピードクラス

転送速度によって数字が変わる。

Class10以外はデータ転送時にストレスを感じるかも。

種類

  • Class2・・・最低転送速度が2MB/秒
  • Class4・・・最低転送速度が4MB/秒
  • Class6・・・最低転送速度が6MB/秒
  • Class10・・・最低転送速度が10MB/秒

UHSスピードクラス

UHS-Iインターフェースを搭載した機器で使用した時のスピードクラス。

スピードクラスの上位規格で、UHSスピードクラスに対応した機器でのみ効果を発揮します。
対応していない機器に使用すると、上記の「スピードクラス」の転送速度が適応されます。

種類

  • Class1・・・最低転送速度が10MB/秒
  • Class3・・・最低転送速度が30MB/秒

ビデオスピードクラス

画像に使用している「SDカード」には記載がありませんでしたが
「V○○」と記載されているものがビデオスピードクラスです。

動画に関する速度を示しています。
最近のカメラでは、4K動画が撮影できるものや8K動画も増えてきました。

最低でもV30は欲しいところです。

種類

  • V6・・・HD
  • V10・・・HD,4K
  • V30・・・HD,4K,8K
  • V60・・・4K、8K
  • V90・・・8K

一言コメント

最低限ほしいスペック

  • アクセス速度・・・30MB/秒以上
  • スピードクラス・・・Class10以上
  • UHSスピードクラス・・・Class1以上
  • ビデオスピードクラス・・・V30以上

上記のスペックは最低限ほしいところだと思います。
これ以下の「SDカード」では、カメラの連写性能を生かしきれなかったり
データの転送でストレスを感じることが出てきそうです。

個人的意見

不具合や紛失のリスクもあるため、
そこそこのスペックのものを数枚用意しておくことにしました。

今回学んだことをもとに、
上記のSDカードを購入して使用することとしました。