家庭で食育 こどもと楽しむ、はじめてのブロッコリーの育て方

家庭でできる食育として、
プランターを使用した野菜作りや、家庭菜園、シェア畑での栽培など
お子さんと一緒に野菜を育てる際の参考にしていただけたら嬉しいです。

今回は、「はじめてのブロッコリー育て方」ということで、
ブロッコリーの育て方や、ブロッコリーに関する情報をお届けします。

是非、お子さんやご家族との会話のタネにしてみてください。

ブロッコリーの特徴

和名ブロッコリー
原産地地中海沿岸
分類アブラナ科アブラナ属
発芽地温20~25℃
生育適温15~20℃

ブロッコリーは主に、「つぼみ(頂花蕾)」を食べる野菜です。
つぼみ(頂花蕾)を収穫した後も、わきから別のつぼみが出てくるので
繰り返し収穫を楽しめます。

茹でると鮮やかな緑色になり、料理を彩ります。
ビタミン豊富な緑黄色野菜で、抗酸化成分や抗ガン成分を含むことから、
健康野菜として人気です。

キッズクイズ!

お子さんと会話のきっかけとして参考にしてください。

あもん

みんなが食べたことのある「ブロッコリー」は、お野菜のどの部分でしょうか?

  1. 葉っぱ
  2. つぼみ(お花になるとこ)

正解は・・・2番!お花になるつぼみの部分でした。

キャベツなどと同じアブラナ科の仲間です。
「ブロッコリー」の名前の由来は、イタリア語で若芽(日本語ではつぼみ、花蕾)を示す「ブロッコ」からきています。

ブロッコリー栽培の時期

栽培期間

春や秋が栽培適期となります。
家庭で育てる場合は、夏に種をまき、9月ごろ植え付けるのが育てやすくおすすめです。

地域や品種によって差がありますので
あくまで参考程度に見てください。

ブロッコリーの栽培方法

種まき

ポットに種をまく場合は、3~4粒を目安にまきます。
種が隠れるぐらいに覆土(土を掛けます)。

発芽地温が20~25℃なので、2月ごろまく春まきでは、
加温・保温してあげる必要があります。

間引き・育苗

発芽後、1週間ぐらいで2本立ちにします。
本葉が2枚ぐらいになったら、さらに間引いて1本立ちにします。

緑色が濃く、茎が太くてしっかりしたものを残すといいですよ。

家庭菜園やプランターでの栽培など
株数が必要ない場合は、ホームセンターなどで苗を購入してくると
ここまでの手間がはぶけるのでおすすめです。

土づくり

2週間前
1週間前

2週間前

苦土石灰を畑に散布します。
これによりにより、苦土(マグネシウム)と石灰(カルシュウム)をバランスよく施せるのと、
酸性に傾いた土壌の改善の効果が期待できます。

土が酸性に偏っていると、「根こぶ病」が出やすくなるので、予防的効果も見込めます。

1週間前

堆肥と化成肥料を入れて土を豊かにします。
深さ・幅15cmぐらい掘って、そこに堆肥と化成肥料を入れてあげましょう。

植え付け(定植)

 本葉が4~5枚になったら、ポットから畑へ定植する時期です。
植え替え前に、ポットごと水につけて給水させるか、定植後にたっぷりと水をあげましょう。

株間は40~45cm間隔で植えてあげましょう。

防虫

ブロッコリーは比較的強くて育てやすい野菜です。
しかし、「アオムシ」「ヨトウムシ」「コナガ」など害虫が付きやすい野菜でもあります。

特に苗の小さいうちに、被害にあうと収穫まで育てるのが難しくなる場合があります。
殺虫剤や防虫ネットを上手に活用しましょう。

追肥・土寄せ

追肥を施して、外葉を十分に育ててあげましょう。
株を十分に育てることで、ブロッコリーの品質が向上します。

植え付け2週間後、追肥を行います。
この時に、除草を兼ねて土寄せもしてあげましょう。

さらに2週間後ぐらいにもう一度追肥を行います。

頂花蕾(つぼみ)ができてからは、追肥は行ほないようにしましょう。
花茎空洞症や品質の低下につながります。

収穫(頂花蕾)

頂花蕾(つぼみ)は12~15cmほどになったら収穫の目安です。
葉を2~3枚つけた状態で、収穫しましょう。

収穫が遅れると、味や食感の低下につながります。
さらに遅れると花が咲いちゃうこともあります。

「大きくしたい」と欲張らないのがポイントです。

収穫(側花蕾)

側花蕾(つぼみ)を収穫する場合は、
頂花蕾(つぼみ)が多少若い時期に収穫をして、追肥を施すと
立派な側花蕾(つぼみ)が収穫できます。

側花蕾の収穫は品種によって向き不向きがあります。
「頂花蕾・側花蕾兼用品種」を選んでおくといいでしょう。

コンパニオンプランツ

ブロッコリーには「アオムシ」や「コナガ」などが寄生して、食害をします。
これらのムシが嫌がるキク科の野菜と混ぜて植えると、防虫効果が期待できます。

「シュンギク」「レタス」などがおすすめです。

発生しやすい病害虫

主な病気

軟腐病(なんぷびょう)

モザイク病

べと病

根こぶ病

主な害虫

アオムシ

ニセダイコンアブラムシ

ハスモンヨトウ

ハイマダラノメイガ

コナガ