ブログ開設応援 3-2 テーマの有効化

今回はワードプレスに実際にテーマをインストールして、有効化してみたいと思います。
操作手順はどのテーマでも同じです、ブログを作る際の参考にしてみてください。

今回使用するのは、
無料なのに有料級の機能を待ったテーマ
cocoon(コクーン)」を使用して解説していきます。

個人的におすすめできる、最強テーマです。
気に入った方は、是非使用してみてください。

無料テーマなので、安心して
インストール、有効化の練習をしてみて下さい。

作業手順

  1. テーマのダウンロード
  2. ワードプレスにインストール
  3. 有効化

上記の3つの手順を行います。
cocoon(コクーン)のサイトに詳しくダウンロード方法や、
動作環境の紹介がされています。

より理解を深めたい方は、ぜひ見てみてください。

1,テーマのダウンロード

cocoon(コクーン)」のサイトよりダウンロードすることができます。

下記がcocoonのサイトになります。

ご自身で「利用規約」など確認したうえで、
ダウンロード行っていただくことをおすすめします。

親テーマと子テーマがあるので、必ず両方をダウンロードしておきましょう。

ZIPファイルがダウンロード出来たら完了です。

より詳しく知りたい方は、
cocoonテーマのダウンロード」で解説してくれているので、見てみてください。

2,ワードプレスにインストール

「サイドバー」→「外観」→「テーマ」→「新規追加」

「テーマのアップロード」をクリックすると
下記のような画面になりますので、ここから
アップロードしてみてください。

ここでも、親テーマと子テーマの両方をインストールしておくことをおすすめします。

より詳しく知りたい方は
cocoonテーマをインストールする方法」をご覧ください。

3,有効化

インストールが完了すると、
「サイドバー」→「外観」→「テーマ」から
cocoonを確認することができます。

有効化すれば完了です。

親テーマと子テーマ

作業手順の中で「親テーマ」と「子テーマ」というものが出てきました。
この点疑問に感じる方も多いと思うので、少し解説しておきます。

親テーマと子テーマ両方インストールした理由

cocoonは、スキンというものを選ぶことで
見た目を変更できる機能があります。

このスキンが「親テーマ」と「子テーマ」では、異なります。

両方インストールしていることで、
どちらのテーマを有効化しても、両方のスキンを使用することができます。

「cocoon設定」→「スキン」
どちらのテーマのスキンを使用するか選べるようになり、
選択範囲が広がります。

「親テーマ」「子テーマ」どちらを有効化すべき?

「子テーマ」を有効化しましょう。

初期の頃は、あまり違いは感じないと思います。

ただ、ブログにこだわりの機能を追加したいなどの理由で
プログラムを変更した場合に、どちらのテーマを使用しているかで大きく変わります。

「親テーマ」の場合、テーマの更新がなされると、
デフォルト(初期)のコードに上書きされます。

つまり、プログラミング言語を使用して
変更した部分が、自動で上書きされてしまい、
消えてしまうと想像してください。

「子テーマ」を使用していれば、テーマの更新をしても
自分の書いたコードを残すことができます。

まとめ

今回は、cocoon(コクーン)というテーマを参考に、
テーマのインストールと有効化を解説しました。

ほかのテーマの場合でも、作業の流れは同じです。

今回は、無料のテーマを使用しましたが、
有料テーマを購入した場合も、同様の手順でOKです。

テーマは、多くの種類があります。
テーマによって見た目や機能も大きく変更されますので、
ご自身の気に入ったテーマを見つけてインストールしてみてください。

© 2021 ーれおの部屋ー